介護保険の利用によるポータブルトイレの購入

介護保険の利用でポータブルトイレの購入は可能です。1割負担で購入可能です。

ポータブルトイレを使用するには腰掛けることが必要です。そのことで、便意を催し、力むことで腹筋、背筋もつきます。

差込み便器ですることに抵抗を感じ、トイレに行きたい一心で元気になった人もいるくらいです。介護者の立場からも、オムツよりポータブルトイレの方が簡単に後始末ができます。